スマホの電磁波から
子供を守る!
電磁波吸収シートで
スマホの電磁波対策

カートアイコン注文する

スマホ電磁波を最大90%吸収!妊婦の方、スマホの電磁波が気になる方へ 電磁波吸収シートをスマホに貼る、たったそれだけで電磁波対策

「反射」ではなく「吸収」
最大約90%の電磁波を吸収する独自技術

多くの「電磁波カットを謳う電磁波対策用商品」は、
電磁波を乱反射させ、身体への影響を薄めようというものがほとんどです。

しかし、この電磁波吸収シートは、電磁波を根本から「吸収」し、
「熱に変換する」画期的な技術を採用しています!

そのシートが組み込まれたケースを本体に装着するだけで、
発生した電磁波を最大約90%吸収し、人体への悪影響を減衰させます!

身近には電磁波がたくさん!お悩みはありませんか?

スマホなどから発生する「体に有害?」と言われる電磁波って?? 家族もみんな通話やメール、ゲーム等、常にスマホを使ってるけど、大丈夫なのかなぁ ・・・? そういえば・・過去に電子レンジから発せられる電磁波が問題になってた事もあったな 寝てる時はいつもスマホは枕元にあるし... あたし妊娠中なんだけど、大丈夫かなぁ?

テレビ、電子レンジ、掃除機など、私たちの身近にあるあらゆる電気製品は全て「電磁波」を発しており、
人体への影響について様々な研究がされています。
その中でも、特に近年は「携帯電話」や「スマートフォン」の電磁波について、危険性を危惧する声が高まっているのです。

多くのスマートフォンは使用していない状態でもデータを送受信しているので、常に微量でも電磁波が出ている状態なんです。
この機会に一度、電磁波対策を考えてみませんか?

携帯からの電磁波は世界的にも危惧されています。

世界保健機関(WHO)の国際がん研究機関(IARC)は、携帯電話から発せられる電磁波が、発がん性が疑われると指摘!
鉛やガソリンエンジンの排気ガスと同じレベルのリスク評価となっております。(リスク評価5段階の3番目、最上位に位置するのがタバコやダイオキシン、アスベストなど)
現代の「公害」とも言える「電磁波問題」、海外では低年齢の携帯電話のご利用を規制している国もあります。
また、「携帯電磁波」は脳のエネルギー消費を7%増大させたとの研究結果も発表されております。

現在、各国においてスマートフォン及び携帯電話から発せられる電磁波の影響が懸念されています。

よくある質問アイコン製品についての質問

電磁波吸収シートに関する、よくあるお問い合わせをまとめてみました。

電磁波について

電磁波って何ですか?
電気の力が働いている空間を「電界」といいます。
下敷きで擦ると髪の毛が逆立つことや、乾燥した冬に衣類がまとわりついてパチパチするのは、静電気によって発生した電界によって起こった現象です。
磁石の力が働いている空間を「磁界」といいます。
磁界は、磁石だけでなく電流が流れるとその周囲にも発生します。
電流の向きが交互に変わると磁界の強さが変化して新たな電界が発生する、それによりまた新たに磁界が発生する、というように電界と磁界が交互に発生しながら次々と伝わっていく波のことを「電磁波」といいます。
電磁波を浴びるとどんな影響があるのでしょうか?
電磁波を浴びると、その一部は体内に吸収されてそのエネルギーが熱となります。
強い電磁波にさらされた場合は発熱量も大きくなり体温が上昇します。
この作用を「熱作用」といい、動物実験の結果から、熱作用は体温上昇によるストレスから、動物の行動パターンを変化させることがわかっています。
電子レンジの温める機能は、分子を振動させ熱を発生させるこの「熱作用」を利用しています。
長期的な影響としては、小児白血病、脳腫瘍などのガンのリスクが高まるという研究報告がある一方でリスクは確認されないという報告もあり、公的には確固たる科学的な証拠が不十分とされているのが現状です。
携帯電話のSARとは何でしょうか?
電磁波にさらされるとそのエネルギーの一部は体に吸収され、熱作用をもたらします。
このエネルギーの吸収率を表したものが「SAR」です。
人体側頭部で使用される携帯電話には、局所SARの許容値を守ることが義務付けられています。
SARの許容値は国によって異なります。
日本は国際的なガイドラインである2.0W/kgを基準としていますが、電磁波先進国であるドイツやスウェーデンはさらに厳しい許容値を設定しています。
それに比べると日本の許容値は3倍近くです。
局所SARは、耳に当てて通話する際に人体頭部に吸収される電磁波に対して規定されたものですが、通話以外の使用やタブレットや新たな無線通信機器が増えていることから、人体の側頭部以外の部位に近づけて使用する無線設備に対してもSAR許容値を適用することが、現在、安全性の観点から検討されています。
お使いの携帯電話やスマートフォンのSAR値については、各社のホームページなどで確認することができます。
どうして携帯電話の電磁波は危険なのですか?
携帯電話の電磁波の危険性が言われているのは、耳にあてて使用するため、脳への影響が危惧されているからです。
携帯電話が普及してまだ20年ほどで長期間使用した場合の影響についてはデータがないため、世界の研究機関で健康リスクについての調査、研究がすすめられています。
また、WHO(世界保健機関)は携帯電話に使用される電磁波を「発がんの可能性があるかもしれない」というグループに分類しています。
妊婦、乳幼児に特に注意が必要なのはなぜですか?
子供は頭蓋骨が小さく薄いため、大人よりも電磁波が脳に入り、未熟な脳神経が影響を受けやすいと言われています。
スマートフォンは通話していない状態でも電磁波を発しています。
洋服のポケットやカバンに入れたスマートフォンの電磁波は胎児にまで届く恐れがあるため、より注意が必要です。

電磁波吸収について

電磁波を吸収してしまうと通話に影響はないのでしょうか?
独自のアンテナ技術を採用していますので、不要な電磁波を吸収してもつながりやすさや通話品質に影響はありません。
しかし、NFCサービス、おサイフケータイ対応サービスは利用することができません。
吸収した電磁波はどうなりますか?
微量な熱に換えて空気中に放出しています。
変換された熱は極微量のため、その熱でスマートフォンが熱せられることはありません。
本当に電磁波を吸収するのでしょうか?
世界的な検査機関であるテュフラインランドジャパン株式会社で評価試験を受けています。
この試験結果から、最大約90%の電磁波を吸収していることが実証されています。

電磁波吸収シートについて

ケースをつけていても大丈夫ですか?
電磁波吸収シートはスマートフォンに密接する様にお使いいただければ周りを覆うケースなどをつけても機能的には何の問題もございません。
但し、シート自体が0.2mmの厚みを持っていますのでご注意ください。
貼ったり剥がしたりはできますか?
粘着力が非常に強いシートとなっておりますので、基本的には剥がしたりはできません。
当店といたしましては、本体にシートを直接貼るのではなく、粘着部分を剥がさず、ケースと本体の間に挟んでお使いいただくことをおすすめしております。
ちょっと大きめのスマートフォンやタブレットにも使えますか?
シートのサイズは横57mm×縦100mmですので、iPhone、GALAXY、Xperia、Arrows、AQUOS PHONEなどのシートを貼るスペースのあるスマートフォンであれば貼り付け可能です。
但し、7.1インチ以上のタブレット(iPad miniやiPadなど)でのご利用の場合、等間隔に2枚貼っていただく必要がございます。
尚、切ったり、折ったりすると機能いたしませんのでご注意ください。
スマホ以外の電化製品にも使えるんですか?
この商品はスマートフォン用に設計された商品となります。
但し、複数枚使用することにより、タブレットにもお使いいただけます。
スマホ用の電磁波対策商品はいろいろありますが、この電磁波吸収シートの特徴はなんですか?
本商品の最大の特徴は「電磁波カット」ではなく、「電磁波吸収」するシートという点です。
「電磁波カット」を謳う商品は、電磁波を乱反射させるため、手のしびれが出てくるケースもあるようですが、当商品は「電磁波を反射ではなく吸収して微熱に変換する」仕組みですので、電磁波による手のしびれを気にされる方には特に好評いただいております。

お気軽にお問い合わせください[ 平日9:00~18:00 ]

「スマホの電磁波から子供を守る!電磁波吸収シートで電磁波対策」のページ上部へ戻る